モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

People really never get second chances. by George Sampson

George Sampson という14歳の少年がイギリスにいます。

子供らしい、まぶしいほどの笑顔の少年です。

タイトルの発言は彼の言葉です。




------------

僕は3週ほど前にYouTubeで彼を知りました。

YouTubeに”Britain's Got Talent”というTV番組の

動画があがっていたのです。

”Britain's Got Talent”は一言で言うと

イギリス版の”American Idle”といったところでしょうか。

全国からパフォーマンスを披露したい人が集まって

毎週勝ち残っていくのです。

そして優勝者には10万ポンドの賞金とイギリス王室に

パフォーマンスを披露する栄誉が与えられるのです。



------------



George Sampsonは昨年彼が13歳のときに

”Britain's Got Talent”に応募しました。

応募動機を聞かれた13歳の彼は

「この番組で優勝すれば僕は自分の人生を変えることが

出来るから。これは二度とこないチャンスだから」


答えていました。

しかしながら準決勝まで行って敗退しました。




今年彼は14歳になって再び戻ってきました。

悔しさを胸に一年間腕を磨いてリベンジに来たのです。

今年、彼は決勝まで残りました。



------------



彼はあるときインタビューでこう答えています。

「人生で"2回目のチャンス"を手にできることは

 ほとんどない。僕はこの1年、優勝することだけを

 考えてやってきた。なぜならここで優勝することが

 すべてだと僕は知ってるから」



また彼は昨年準決勝で敗退したときにこうも言ってます。

「僕の勝負はまだ終わってない。僕は必ず戻ってくる。

 必ず来年優勝する。」
とも。



=================================

・人生に2度目のチャンスはない。
・ここで優勝することが唯一すべてのチャンスだ。
 このコンペが僕の人生を変えることを
 わかってるから一年間必死にやってきた。

14歳の少年に

「意志のために覚悟を持って戦い抜く」

というものを見せてもらった気がします。



▼まだあどけない07年のGeorge Sampson



▼今年14歳になったGeorge Sampson




▼準決勝でのパフォーマンス




▼今年の決勝戦でのパフォーマンス(一緒だけどwww)




▼→ で?
【2008/06/03 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。