モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

400万人超フリーターの実像

下記のような記事を見つけた。


  『縦並び社会・格差の現場から やり直すために

フリーターやニートとかって確かに問題かもしれないけど、僕もいまいち解決策は持ってない。o(´^`)o






そもそもフリーターやニートが「問題」なのかという点も大いに議論の余地があると思う。


「なんでそういった現象が起きたのか」も検証が必要だと思う。


ただフリーターやニートが「解決されるべき問題」だと仮定するならば、


そういう前提で議論するならば僕らにはなにができるであろうか?






個人的にはまずはきっかけや仕組みをたくさん作るべきだと思う。


フリーターやニートという状態から脱出するきっかけがあれば彼らは普通に脱出できるんだと思う。


それこそ金儲けがしたいとか異性にもてたいとか楽しみたいとか、単純で分かりやすいきっかけで


いいと思う。


そのうえでかれらがフリーターやニートにもどらないような「継続策」があればいいのだと思う。


でもまぁそれは二の次かな。






僕が数年来お付き合いさせていただいているETICが今こんなことをしています。


Work-Life Innovators' Project

フリーターやニートみたいな問題の解決って今までは行政やその外郭団体などの仕事だっていうような


社会的認識が日本の中であったと思うけど、今回のプロジェクトではそういった問題を


ビジネスで解決していけるんじゃないかしら、という取り組みをしています。


ある意味あたらしい取り組みでイノベイティブだと思う。




ご興味のある方は是非覗いて見てはいかが?(o^-')b








縦並び社会・格差の現場から やり直すために

 記者(28)が待ち合わせをした男性(31)は、どこにでもいる同世代の若者に見えた。
 「僕は社会の下側の人間ですから。早く消えてしまいたかった」。昨冬、インターネットで知り合った若い男女3人と関西のウィークリーマンションで集団自殺を図った。当時、無職。互いに偽名で呼び合った。睡眠薬を飲んで練炭に火をつけた後で1人が逃げ出し、未遂に終わる。
 男性はなぜ死にたかったのか、繰り返し尋ねても理解しづらい。未遂後、工場でビデオやテレビの基盤を作るアルバイトを始めたという。「仕事が合っているとは思わないが、職場の居心地は悪くない」から、とりあえず続けてみるつもりだ。「もう少し生きてみようかな」。それでも時々、ネットの自殺サイトを見る。
 厚生労働省は5歳ごとの年齢別の死因を毎年調査している。02年から3年連続して20~30代の1位は自殺だ。

(以下続く )

【2006/01/12 20:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。