モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

なんかおきたらまた逆に針が触れるんだろうなぁーΣ(´□`*)

防犯カメラ、歌舞伎町で効果…全国商店街で導入の動き

 全国各地の商店街などで、防犯カメラで街を丸ごと監視して犯罪を抑止しようという動きが進んでいる。

 全国に先駆けて導入された東京・歌舞伎町では、4年間で刑法犯の発生件数が約2割減少した。

強盗に悩まされてきた日本最大級の宝石店街「ジュエリータウン」(東京・上野)でも、被害総額を

約25分の1に抑え込むことに成功した。

 ただ、多数の防犯カメラ設置はプライバシー侵害の問題をはらんでおり、街を訪れる市民の理解を得られるかが課題となっている。

(続きは下に↓)





ちょーわかりやすいシナリオをひとつ。



「監視カメラで犯罪現象!」とかメディアが持ち上げて、それを受けて全国で監視カメラ祭り(笑)が起きる。


ところが犯罪者がカメラ監視をすり抜けて事件を起こしたりして、それがまたメディアで取り上げられたり、


警察とか監視カメラをチェックしている警備会社とかもしくはお店の人とかが、


プライバシーを侵害するとか盗撮するとか、カメラの映像をなんらかの方法で悪用して、


それまたメディアで取り上げられて、



しまいに何も考えてないアホメディアが「監視カメラは憲法違反!」とかトンチキなことを言い始めて、


それに他のメディアも乗っかって日本全国ネコも杓子もアホなくらいに「監視カメラ狩り祭り」になって


挙句に首相が「監視カメラ狩り総選挙」とか言い出して解散総選挙とかして、


これまた楽しいことに与党が議席の9割を獲得する圧勝を収めて、


挙句の果てに国債をあと5000兆円くらい発行して、、、、、






あー。



飽きたので今日はこの辺で。






あ、結末はあれね。






日本国破産!





























あ、とっくに破産してたか(笑)



















防犯カメラ、歌舞伎町で効果…全国商店街で導入の動き


 全国各地の商店街などで、防犯カメラで街を丸ごと監視して犯罪を抑止しようという動きが進んでいる。


 全国に先駆けて導入された東京・歌舞伎町では、4年間で刑法犯の発生件数が約2割減少した。

強盗に悩まされてきた日本最大級の宝石店街「ジュエリータウン」(東京・上野)でも、被害総額を

約25分の1に抑え込むことに成功した。


 ただ、多数の防犯カメラ設置はプライバシー侵害の問題をはらんでおり、街を訪れる市民の理解を

得られるかが課題となっている。


 街全体をカバーする防犯カメラは2002年2月、日本一の繁華街・歌舞伎町(東京都新宿区)で

始まった。警視庁が計50台のカメラで、24時間体制で街頭を写している。同庁による違法風俗店や

不法滞在外国人の摘発強化もあって、01年に1865件あった歌舞伎町の刑法犯認知件数

(発生件数)は、05年には約2割減の1513件に減少。この“成功”をきっかけに、防犯カメラの導入は

各地に広がった。


 南北約500メートル、東西約300メートルのエリアに計約300店の宝石店が密集する台東区上野の

「ジュエリータウン」は、強盗や泥棒に狙われ続けてきた。


 1992年4月、同タウンの宝石店で約5億円相当の王冠が強奪された。01年11月~02年1月には、

近くのJR御徒町駅から電車に乗った宝石商が、車内で宝石入りバッグを盗まれる事件が4件

(被害総額約4億円)も相次いだ。業を煮やした地元宝石商組合「ジュエリータウンおかちまち」

(122店加盟)は04年1月、23台の防犯カメラの設置に踏み切った。昨年3月に8台を追加。費用は

計約1500万円かかった。


 地元の上野署によると、03年に約5608万円(19件)だった同地区の侵入盗・強盗事件の被害総額は、

昨年1~11月は約232万円(10件)に激減した。同組合の橋本養三会長(72)は「1回成功すれば

大きな“利益”が上がるので、強盗団にとってこの街はうまみが大きかったが、今は違う」と語る。


 05年4月に歌舞伎町を上回る82台の防犯カメラ運用を始めたのは、京都市中京区四条通の商店街だ。

同府警五条署は「事件の発生は確実に減少した」と分析。05年10月に発生したひったくり事件では、

犯人の姿がカメラに写っており、早期解決につながった。


 鹿児島市の繁華街・天文館地区も03年11月に地元商店街が約49台(現在55台)を導入。

犯罪件数の統計はないが、シャッターの落書きがほとんどなくなるなど、効果は大きいという。


 こうした効果に期待して、都は来年度、3億4000万円をかけて、六本木3丁目などの繁華街に35台の

防犯カメラの設置を決めた。横浜市も市内の繁華街に約4億3000万円をかけて、全国最大規模となる

約250台を設置予定だ。


 一方で、市民からは不安の声も。防犯カメラ新設予定の六本木でも、「知らないうちに

撮影されているのは気持ち悪い」(23歳女性飲食店員)、「映像がどのように管理されているのか心配」

(45歳の男性会社役員)といった声が聞かれる。


 これに対し、歌舞伎町のカメラを運用している警視庁は「映像は原則として1週間しか残さない」と

しており、六本木でも同様の措置を取る。ジュエリータウンおかちまちも、映像をチェックする場合は

警察官と警備員が立ち会うことにしている。
(読売新聞) - 1月30日17時42分更新

【2006/01/31 14:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。