モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

「米司法省は行き過ぎ」

行き過ぎって言うか、甘えじゃないか?それは?






「米司法省は行き過ぎ」、Google がデータ提出要求を拒否



Google は19日、裁判所が同社に下したデータ提出命令に「強く」抵抗すると述べた。問題のデータは、

米司法省 (DoJ) が『児童オンライン保護法』(COPA) の合憲性を証明するために必要と主張している

ものだ。


児童オンライン保護法は、「未成年に有害な」無料オンラインコンテンツを掲載することを犯罪行為と

規定し、1日あたり最高5万ドルの罰金および最長6か月の禁固刑を定め、1998年に議会を通過した。

以来、合憲か違憲か論争が続いている。


同法が議会を通過するやいなや、米市民的自由連盟 (ACLU) や電子フロンティア財団 (EFF)、および

その他の市民自由擁護団体が、同法の差し止めを求めて訴訟を起こした。この訴訟は、最高裁判所で

2回審理され、2回下級審に差し戻されている。


ACLU は、児童オンライン保護法について、言論の自由侵害にあたり憲法に反すると同時に、オンライン

接続中の児童を保護する方法ならフィルタなど、より穏やかなやり方があると主張している。


司法省は、児童オンライン保護法の合憲性を証明するため、フィルタの効果を知りたいと述べると

ともに、Google はじめ大手検索エンジンのデータベース内にある実際のデータをほしがっている。

同省によると、それら実データの提出を求める召喚状を発行したが、「Google は如何なる形でも

応じることを拒んでいる」という。


そのため米政府は18日、Google が召喚状に応じるように求める申立書を、カリフォルニア州北部地区

連邦地方裁判所に提出した。


これに対し、Google 側は、次のような声明を発表した。「当社は (児童オンライン保護法の合憲性を問う)

この訴訟の当事者ではなく、司法省が当社に情報提出を求めるのは行き過ぎだ。本件に関しては、

司法省と長く話し合ったが合意に至らなかった。当社は、司法省の申し立てに対し強く抵抗するつもりだ」


19日に上院商業委員会でインターネット上のポルノに関して証言した司法省当局者は、裁判で係争中

であることを理由に、議員の質問に関してコメントすることを拒んだ。


司法省の申立書によると、同省が提出を求めているのは、「1週間の期間にわたって Google の

検索エンジンに入力された検索ストリングのテキスト (入力者の身元を特定できる情報を除く)」だという。


【2006/02/01 08:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。