モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

グリーンスパンさん、お疲れ様でしたm(_ _)m

長い間、その一言一句どころか、その腕の上げ下げまでも、それこそ一挙手一投足を全世界から


注目され続けたグリーンスパン氏。


一部では神とすら言われ、高齢にもかかわらず激務をこなし続けた氏がこのたびFRBから退く。


長い間お疲れ様でした。m(_ _)m



<FRB>4.5%へ追加利上げ グリーンスパン氏最終会合

 【ワシントン木村旬】米連邦準備制度理事会(FRB)は31日、グリーンスパン議長(79)による最後の

連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、短期金利の指標であるフェデラル・ファンド(FF)金利の誘導

目標を現行の年4.25%から0.25%引き上げ、年4.5%とすることを全会一致で決め、即日実施した。

同議長はこのFOMCを最後に退任した。

 グリーンスパン議長は87年8月に就任し、株価が暴落したブラックマンデー(87年10月)や米同時

多発テロ(01年9月)を巧みな政策運営で乗り切った。議長在任は18年5カ月余りに及び、マーチン

元議長(51~70年、約18年10カ月)に次ぎ歴代2位だった。

 今回の利上げは、年1%の歴史的な超低金利政策の修正を開始した04年6月から14回連続。

いずれも0.25%の小幅利上げで、FF金利は01年5月の水準に戻った。

 昨年12月の前回FOMC後の声明は利上げが最終段階に入ったことを示唆し、今回の声明もその

姿勢は変えなかった。ただ、今回も、インフレへの警戒感を維持し、「若干の金融引き締めが今後必要に

なるかもしれない」と追加利上げの余地を残した。

 利上げ打ち止めの判断は、2月1日に就任するバーナンキ次期議長に委ねられた。次期議長が初めて

臨む3月28日のFOMCでも、小幅利上げの継続を予測する市場関係者が多い。

 一方、05年10~12月期の米実質成長率が3年ぶりの低い水準となったが、FOMCの声明は「指標は

まちまちだが、景気は堅調に拡大している」と楽観的な認識を表明し、インフレ圧力を重視する考えを

にじませた。
(毎日新聞) - 2月1日11時6分更新

【2006/02/01 16:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。