モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

日本にも株の多様な形式が広がるか?

日本でも徐々に、株式の多様な形式が広がっていく
可能性が見えてきた。


敵対的買収に拒否権、上場企業にも「黄金株」容認案
  敵対的買収に対する適正な防衛策のあり方を検討している
  経済産業省の企業価値研究会(座長・神田秀樹東大大学院教授)が、
  上場企業であっても、買収者による合併・経営統合などの提案に
  拒否権を持つ「拒否権付き株式(黄金株)」の導入が認められるべきだとした
  提言案の全容が1日、明らかになった。


個人的にはGoogleのA種株とB種株について知ったころから
(たしかそんな名前だったと思う。。。。)
「あぁ、株もそういう風にいろいろやれるんだぁー。へぇー」と
思っていた。

====

日本のベンチャーを取り巻く環境は、
SBがNASDAQを連れてきて以降、
昔とはずいぶん変わった。

それでも資金に困ってずいぶん株を売ってしまったり
挙句に経営に失敗する経営者もいまだに多い。

理念をもって経営している経営者が資金的な問題で
株を失うのは、(基本的には)経営者の手腕の問題であるが、
それでももう少し防衛手段があってもいいと思う。

ただしそれは資金に苦しむ中小企業の場合であって、
上場企業の場合には拒否権株や複数議決権株などは
認められるべきではないと思う。

=====

上場した以上はパブリックカンパニーなわけで
買収されるのは経営者の手腕の問題であって
それを防ぐために過剰な拒否権株などの発行を
認めてしまったら、永遠に経営者の保身を
助けることになる。

拒否権株発行につけてもどんな条件をつけても
そんなものはいくらでもかいくぐれるわけで
ますます大企業の旧世代経営者の保身を
助けるだけのような気がする。


僕はこういった分野については勉強中なので
あまり詳しいことは分からないのですが、
皆さんはどうお考えですかね?
【2005/11/02 18:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。