モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

成功するベンチャーと失敗するベンチャーの違い

成功するベンチャーと失敗するベンチャーの違いという

エントリーをTwitter経由で発見。

「ベンチャー」という単語の中身の議論はさておき、

共感する内容が多かったのでメモポスト。

曰く、

・これまで多くのベンチャーが生まれているが、そのほとんどがなくなっている
・なぜ彼らは失敗したのか? → ユーザが望まないものを提供していたからだ
・ベンチャー(スタートアップ)は不確実な状況で新しい製品やサービスを生み出す人間の集まりだ。
・企業家精神とはマネージメント科学である
・成功するベンチャーも失敗するベンチャーも初めはよくないアイデアで始まっている
・成功するベンチャーは少しずつ変化している、そして、変化しながらも明確なゴールへ向けて進んでいる
・成功するベンチャーは少しずつ変化している、そして、その変化のスピードがはやい
・ビジネスプランを作る時に「シャドービリーフ」に気をつけなければならない
・「シャドービリーフ」とは、紙には現れないが頭のなかで「書かなくても当然のもの」と思っている事
・「シャドービリーフ」#1 ユーザが何を求めているか分かっている
・「シャドービリーフ」#2 自分たちがたてた将来的な予想が当たると思っている
・「シャドービリーフ」#3 計画を発展させることが進歩だと思っている
・失敗するベンチャーは十分な準備間を使って、つかえる(と自分たちで思っている)機能をつける
・成功するベンチャーはコンセプトから実装までのサイクルが短い
・成功するベンチャーは我々の周りにすでにあるテクノロジーをつかう
・成功するベンチャーはユーザが何を欲しがっているのかを見極める→カスタマーディベロップメント (アントレプレナーの教科書はお勧め)
・成功するベンチャーはアジャイルソフトウェア開発をしている(ベンチャーの環境に適した方法で)
・ベンチャーでの進歩はどのくらいコードが書けたかで計るのではなく、作ろうとしている機能がユーザにとって価値のあるものかどうかの判断で計る
・サイトの公開はなるべく小さい単位で、すばやく行う
・サイト公開のサイクルでは、すべてのステップにおいて短縮をする必要がある
・部門制はサイト公開サイクルの一つのステップを強調するにすぎない
・カスタマーディベロップメントを担当するプロブレムチームとサービス・製品を作るソリューションチームの2つがあればよい。



一言で言ってしまうと、PDCAということなんだろうけど、

それでは端折りすぎかwww


【2010/01/06 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。