モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

残念なのは誰か?

「日本のWebが残念」問題について、個人的には

エントリーする気は、あまりなかったのですが、

ものすごく的確な指摘をしているエントリーを

みつけたので、共有ポスト。



いつもチェックしているブログで、

「バカなもの」を書いているのがむしろ「バカ」ではないことが「残念」なのではないか?

というエントリーがあって、今まで読んだ中では

これが一番的確だと思いました。


 「ネガティブすぎる人」はむしろ「先進的なユーザ」であり、本来は決して「バカ」ではない、むしろ利発で、頭のいい人たちなのだ。その先進的かつ利発な人たちが、自分の才能や時間をネガティブな言説に費やすことを、梅田さんは「残念」と嘆いているのだと思う。

「バカなもの」を書いているのがむしろ「バカ」ではないことが「残念」なのではないか? - Zopeジャンキー日記から引用



上記エントリーおよび梅田さんの単語を借りると

『「先進的なユーザ」であり、本来は決して

「バカ」ではない、むしろ利発で、頭のいい人達』が

Webのパブリック領域に貢献する姿勢が少ないというか、

ネガティブな態度が多いというか、

そういったところが「残念」という単語になったんだと思います。






もちろん日本のWebにもいいところがたくさんあって、

「残念」じゃない人もたくさんいるんだけど、

総体として、「日本村」というか「世間」がWebに

色濃く出てしまっているのが、なんだかなぁ、、、、

といった感じな気がします。








じゃぁ、自分はどうするのかというと、僕自身は

「日本のWebのパブリック領域」に何か「貢献」できるほどの

価値があるものを持っているわけではないので、

特に何か貢献とかは残念ながら出来ないなぁ、と。

でももし強いて何か挙げるとすれば、僕がこのブログで

自分が気になった言葉や金言を淡々とあげているのは

直接的な動機としては

・自分が気に入った言葉をストックしている

だけなのですが、たまにその言葉をみて

フィードバックをしてくれる人もいるので、

間接的な動機としては、

・まぁ1億2千万人の中にちょっとくらいはこういった

 先人の金言を見て元気になってくれる人がいればいいかもね、

程度のつもりで書いてます。




オチナシスマソ

ノシ
【2009/06/16 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。