モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

千載一遇のチャンス

ECホールディングスの伊藤さんがいい

千載一遇のチャンスという

エントリーをあげていたので共感ポスト。


===引用ここから===

さて、毎日インパクトのあるニュースが続き、退屈することが
ない日々が続いておりますが、
今日の北欧の老舗ボルボ、中国のカーメーカー
長安汽車への売却に関連するニュース
もインパクト大でした。

しばらく前ですが、今年3月に英国の老舗ジャガーとランドローバー
がインドのカーメーカータタに買収されるニュースがありました。

後者は、かつてのイギリスの植民地だったインドのカーメーカーが、
元本国であるイギリスのカーメーカーを買収するというニュース
で、
前者は、かつてヨーロッパに統治されていた中国のカーメーカーが
逆に、ヨーロッパの名門ブランドを買収するというニュース
で、
ともに植民地時代からの逆転現象ですね。

20世紀の産業の象徴だった自動車産業がこのような状況になる
という意味でもきわめて象徴的な出来事ですね。
将来の教科書に載るかもしれませんね。


===引用ここまで===


僕が伊藤さんのエントリーのこの部分を

読んで思い出したのは、Web進化論の

Googleの評価額と、ThinkPad事業の評価額の

差異の話。

曰く、

・04年 8月 GoogleのIPO 時価総額 3兆円(当時売上3千億)
・04年12月 IBM PCをレノボへ 売却額 2千億(当時売上1兆円)

この見事な対比が21世紀を象徴していると思う。

もちろん先進国で製造業がダメになるなんてことを

いうつもりはない。(神Jobsを見よ!)

それでも「組み立てればいい」ものはどんどん新興国に

移っていくと思う。




最近の事例でいえば太陽電池パネルなんかは

欧州の電力購入価格規制を引き金にして

あっというまに中国に移ったし、

パソコンもしかり。

(最近ではネットブックも同じ文脈ですね)

ケータイも同じ運命にあるでしょう。



想像するに、自動車や造船や鉄道や通信や

その他もろもろの産業も一緒だったんじゃなかろうか?




思うに産業勃興期は垂直型で、成熟期には

水平型で展開していくのでしょう。



さて、ケータイはこの次の10年はどうなるでしょう。

そのへんのお話はまた次の機会に(o^-')b
【2008/12/19 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。