モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

巨大すぎる赤ん坊は適切に

公的資金で救済される金融機関、「巨大な赤ん坊」の取り扱い方という

エントリーに共感ポスト。





今回改めて確認されたことがある。アメリカでもヨーロッパでも、日本でもその他の国々でも、銀行、証券などの金融業界の各社が自分で自分の尻を拭くことができない、いわば「赤ん坊」であるということだ。もはや誰も否定できまい。預金者、契約者保護の領域を超えて、企業存続のために公的資金による資本注入が必要となる事態というのは、明らかに自分の失敗のつけを他人に回すことだ。「赤ん坊」と呼ぶにはあまりに巨大ではあるが、自分たちのやったことの責任を自分たちでとることができず、「親」に尻拭いを任せて平気でいるというのは、赤ん坊以外の何者でもない。もし「赤ん坊」であるなら、「赤ん坊」にふさわしい取扱いがあるはずだ。それはどんなものだろうか。

(中略)

要は、預金保護のために預金保険料を支払うのと同じ理由で、公的資金による資本増強が必要となるような企業には、「公的資金保険」(なんか変な名だが)みたいなものの保険料に相当する負担を課すべきだということ。「赤ん坊」が泣いたら面倒みてね、と近所のおばちゃんにお願いするなら、盆暮れの付け届けぐらいはするのが常識というものだろう。具体的な方法はいろいろ考えられるだろうが、何にせよこうしたしくみがなければ、リスクとリターンのバランスが崩れてモラルハザードが発生してしまう。

現在のしくみは、この「巨大な赤ん坊」の面倒をみるために、多くの高給の役職員という名の「ベビーシッター」たちが雇われ、彼らがその高い能力とモラルでその任に当たる、というものだ。しかし、これもすでにはっきりした。彼らの能力もモラルも、その高給に値するほどのものではない(外資系金融機関だけではない。バブル崩壊後の経緯を考えれば、日本の金融機関も程度の差こそあれ事情はさして変わらない)。彼らが享受している「プレミアム」の少なくとも一部は、いざというときに頼りにならない彼らの能力やモラルに対してではなく、最後に尻拭いを迫られる(可能性のある)政府に対して支払われるべきだろう。

もちろん、そうはいってもそう簡単に給与は下げられない、モチベーションとかあるし、というのも理解できる。ならば、「尻拭い」の一端を彼らにも負わせるべきだ。明確に個人の責任を現場レベルまで問うことで、責任のループを完結させるとよい。いわれなき負担に憤る国民の溜飲を下げるための道具ではなく、リスクとリターンのバランスを保つための方策として。

当然、こういうしくみは、ある程度は国際的に共有されていたほうが好ましい。金融市場は国境を越えて広がっているわけだし。国際機関を使うのも一手だろう。

今回の危機をきっかけに、金融機関になんらかの行為規制みたいなものを課していく方向性の議論というのがあるらしいが、基本的にはそういうものはあまり好ましくないと思う。そもそも「正しい方向」がどちらなのかを決める能力が政府にはない、という認識があったからこそ、市場がリードする現在のスタイルが生まれたことを忘れてはいけない。

上記の私の考えは、金融機関に対してなんらかの規制を行うべきだという点では共通だが、行為規制のようなものではなく、リスクとリターンのバランスをとるためのルールづくりを意図しているという点で異なる。「巨大な赤ん坊」が「転んだら危ないから立っちゃだめとベッドに縛り付ける」のではなく、「転んでもひどい怪我をしないように環境を整えたうえで立つ練習をさせる」ほうが「親」として正しい態度だと思えるのだが。


公的資金で救済される金融機関、「巨大な赤ん坊」の取り扱い方 | 専門家や海外ジャーナリストのブログネットワーク【MediaSabor メディアサボール 】 から引用



ってことはアレじゃね?

通貨危機でIMFに頼るんだったら、IMFに保険料を

払えばいいんじゃね?

で、なんかあったときには保険料が下りる、と。

危機が起きた後に対処を考えて時間が過ぎる間にも

危機は進行するわけで。

あらかじめ「危機が起きたら降りる保険」をかけておけば

パニック売りとかなくなるじゃん。

IMFは資金を貸し付けた国の法律を変えてさせてまで

資金を回収するわけでさ。

それでよくね?

【2008/11/29 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。