モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

君は、これまでなんども失敗した。

君は、これまでなんども失敗した。
おぼえてはいないかもしれないが。
はじめて歩こうとしたとき、君は転んでしまった。
はじめて泳ごうとしたとき、君は溺れそうになってしまった。
そうだろう。
デパートの創業者は7回失敗し、8回目で成功した。
564冊の本を出版したイギリスの小説家は、その前に753通の断り状を受け取っている。
714本のホームランを打った男ベーブ・ルースは1333回、三振をしている。


自分のTmblrから
スポンサーサイト
【2009/10/23 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

『学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく

『学べば学ぶほど、自分が何も知らなかった事に気づく。
気づけば気づくほどまた学びたくなる。』
アルベルト・アインシュタイン


自分の経験したこと、学んだこと、身につけてきたものが

本当に正しいのか、本当に質が高いのか、

本当にプロと呼んでもらえるに値するのか、

常に疑問に思います。

上には上がいて、自分の専門分野について

自分はまだまだひよっこのような気がしてなりません。



【2009/10/22 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

『いかなる人の知識も、その人の経験を越えるものではない。』

『いかなる人の知識も、その人の経験を越えるものではない。』

ジョン・ロック



これはなかなか難しいですね。

聞いたり読んだりしても、経験には及ばないわけです。

自分自身もそうですけれども、仲間にアドバイスするときにも

これは痛感します。

自分の経験上、自分がするアドバイスが真であっても、

相手にとってはそうではないわけです。

さてさて、、、。
【2009/10/21 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

『起業家とは、人とは違うことを考え、人とは違う行動をとる人間だ』

『起業家とは、人とは違うことを考え、人とは違う行動をとる人間だ』
ジム・クラーク


御大ジム・クラークの言葉。

他の人が言ってもここまでの説得力はないでしょう。
【2009/10/20 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

『秩序だった着実な人生を心掛けなさい。

『秩序だった着実な人生を心掛けなさい。
そうすれば、独創的で荒々しい仕事ができる。』
ギュスターヴ・フローベール




体調を崩したり、仕事で躓いたりするときは

だいたい自分の不摂生などが原因だったりします。

規則正しくまっとうな生活に戻すと体調も戻ります。

単調でも秩序立てて生活を運営できれば、

いろんなものが好転していく気がします。

【2009/10/19 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

「考える力」の土台になる能力として、最も重要なのは

「考える力」の土台になる能力として、最も重要なのは
「自分はわかっていない」という事実を認識できること。




異論に耳を傾けることが出来るかどうかというのも
同様ですね。
【2009/10/18 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

発見を妨げる最大の障害は、無知ではなく、

発見を妨げる最大の障害は、無知ではなく、
知っていると錯覚することである。

ダニエル・J・ブアスティン
【2009/10/16 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

船をつくりたかったら、人に作業を割り振るのではなく、

船をつくりたかったら、人に作業を割り振るのではなく、
はてしなく続く広大な海を慕うことを教えよ

サン・テクジュペリ”
【2009/10/09 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

東関部屋 十の心

●東関部屋 十の心
一、おはようという 親愛の心
二、はいという 素直な心
三、すみませんという 反省の心
四、どうぞという 献上の心
五、私がしますという 奉仕の心
六、ありがとうという 感謝の心
七、おかげさまでという 謙虚な心
八、お疲れさんという 労りの心
九、なにくそという 忍耐の心
十、嘘をつくなという 正直な心
【2009/10/08 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

技術は紙に書いてあるかも知れんけど、多くの部分は人にくっついている。

技術は紙に書いてあるかも知れんけど、多くの部分は人にくっついている。
その人が辞めちゃえば、技術は失われてしまう。
再出発しようとしても、新しくやるのと同じで非常に難しい。

豊田英二(トヨタ社長)


これは僕も会社勤めをしていたころからずっと考えていました。

「知恵や経験はどうやったら"組織"に残るのだろう?」と。


例えば、
企画書を書く"能力"はどうやったら"組織"に (以下略
質の高いイベントを運営する”能力”はどうやったら (以下略
Webを作る"スキル"はどうやったら (以下略
動画を作る”スキルやセンス”はどうやったら (以下略

僕が考えた(暫定的)結論は
「ソフトよりハード」 でした。

つまり、
知恵もスキルも経験も"紙"や"マニュアル"に残すことは出来るが、
"紙"や"マニュアル"を読んだ人が同じ企画書やイベントを
必ず再現できるわけではない。
むしろ出来ないことのほうが多い。

よってもっとも効果が高いのは"上手に出来る人"を
手放さないこと、もしくは繋がりが切れないようにすることだと、
考えるにいたりました。



もちろんいろんなソフト(=知恵、経験、ノウハウ、スキルなど)を
紙やマニュアルにしておくことはとても大事です。

でもそれはハード(=人材)を手放したら、急速にそのマニュアルの
有効性が下がるものだと、これまでの経験から考えるに至りました。



上質の企画書のテンプレがあっても、その人材がいなくなったら
企画書の質が下がった。
会社のWeb担当者やブログ担当者がいなくなったら、
Webやブログが更新されなくなった。
イベントの質を担保していたスタッフが辞めたら、
急にイベントの質が下がった。

そういった経験は皆さんにもあると思います。

大事なのはマニュアルではなく人材だと思います。



なーんて、な。( ̄∇ ̄;)
【2009/10/07 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。