モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

一つ以上の問題を抱えるな。世間には三つもの問題を抱えている人間もいる。

一つ以上の問題を抱えるな。世間には三つもの問題を抱えている人間もいる。
過去の問題、現在の問題、未来の問題

エドワード・エベレット・ヘール
スポンサーサイト
【2009/05/31 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

RTMで困ってること

RTMでリストでアイテムを「追加した日付」で昇順降順で

ソートできたらいいのになぁ、とちょくちょく思う。


「受信箱」にタスクをどんどん入れていると

リストが縦長になって画面からはみ出した際に

どうしても日付が入っているタスクとかが上に来て

それはそれでいいと思うのですが、

タスクを追加した日が新しい順に

最近追加したタスクが上に来るように

ソートできたらいいのになぁ。。。


【2009/05/30 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

本当に仕事の出来る人は、自分に対する評価がとても低い。

本当に仕事の出来る人は、自分に対する評価がとても低い。
あれもできない、これもできないと自己に厳しい。
それは到達する目標が見えていて届かない距離がわかるからである。

柳井正

【2009/05/30 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(1) |  
あとで読む

なにかと使える『名言ポータルサイト』まとめ

なにかと使える『名言ポータルサイト』まとめというエントリーを発見(o^-')b

もちろん即共有ポスト(笑)

まだ詳しくは見てないのですが、

早速各サイトをブックマークしようと思いますφ( ̄ー ̄ )メモメモ

【2009/05/29 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

私の競争相手は競合他社でも他業種でもない。時代の変化である。

私の競争相手は競合他社でも他業種でもない。時代の変化である。
鈴木敏文



まさにonly the paranoid survive ですね。

実は日本でも上記の言葉がばっちり当てはまる

業界というのは結構あって、しかもその業界規模も

大きいのだが、全然生き残る気がないようにしか

見えないのは気のせいだろうか?

それとも業界規模が大きいからこそ、生き残るための

手が打てないのか。おそらく後者でしょう。




ま、いいんだけど、別にwww

ノシ
【2009/05/29 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

スペシャリストとは与えられた問題を自分の持っている技術で

スペシャリストとは与えられた問題を自分の
持っている技術で解決するだけの存在でしかない。

しかし、プロフェッショナルは問題そのものを
発見する能力と解決する能力を併せ持つ存在である。

どの分野で、どの仕事についても、そこで見えない
問題を浮き彫りにするのである。」

佐々木毅


なるほどねぇ、そういう考え方はしたことなかったです。

勉強になりますm(_ _)m

マックの原田さんとかって本当にそうですよね。
【2009/05/28 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

・実業・・・顧客が必要と認めるコストで成り立っている業

・実業・・・顧客が必要と認めるコストで成り立っている業
・虚業・・・顧客が必要としないコストで成り立っている業
松井道夫


あ~、なるほどねぇ、そういう切り口もありますねぇ。
【2009/05/27 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

「人生の結果」=「考え方」×「能力」×「熱意」

「人生の結果」=「考え方」×「能力」×「熱意」
「能力と熱意というものは0~100の間で推移するが、考え方というのは-100~100まである。これがマイナスだととんでもない負の方向に向かっていくことになります。」
稲盛和夫


そうなんですよねぇ。。。

マイナスがあるのが怖いというか、

マイナスというか、進路からずれてるときが

怖いというか。

北極星に向かって航海しているはずが、

1度ずれているだけで、長い航行の後には

そのずれはエライことになるわけで。

だからこそ常に、細かく細かく自分の位置をチェックして

PDCAを回さなくては不安でしょうがない、と。
【2009/05/26 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

同じ決断を二度するな。

同じ決断を二度するな。
最初の決断に十分時間をかけて確固たる判断を下せば、二度と同じ問題を考えなくて済む。
ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)


特に戦略分野においてはそうですね。

一方で「拙速は巧遅より尊い」ともいいますね。

普段からパラノイアであれば、戦略も拙速で

進めていけるのかもしれないですね。




いや、そんなことはないのかな?


まぁ、いいかwww
【2009/05/25 12:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

出井さんの「迷いと決断」を読了

出井さんの「迷いと決断」を読了。

毎度のように自分用にメモ。






【迷いと決断読了メモ】
・社長の4つの責任 →ビジョン
→ビジョンを実行するための仕組をつくり執行する
(競争優位に立つためのオペレーションの効率性)
→コーポレートガバナンス
→後継者育成の仕組み作りと後継者の選択
・垂直産業と水平産業
・オフィサー=業務執行者/ボード=執行の監督者
日本:社会が安定していて企業を性善説で見ている
米:社会に格差が大きく破壊的エネルギーが内在。企業は
社会から批判される事が前提、監督側は企業が
常には完璧には機能しない事を前提。
→何か起こると日本→社長が、米→システムが批判される
・コーポレートガバナンスにグローバルスタンダードなどない。
・監査役に全ての会議に出る権限→監査役の実効性確保
・コンバージェンス戦略=メディアはIT化した時代には劇的に
変化するのでコンテンツ--メディア--ハードウェアの左右を押さえる。
メディアと消費時間は個人化の方向に向かう。
・経営に妥協は禁物。やると一度表明したら、何が
あっても実行しなければ逆に信頼を失う。
・時間軸の誤算=起こると思ってた事が起こらない、
まだ来ないと思ってた事が来る。
・勝つ迄やめない:3つ位の選択肢から選ぶ→論理的に
正しい答えは分かっても良い結果を生むという選択は
難しい→自分の判断を信じて成功するまでやめない。
短期的途中経過に左右されず長期的な展望を持って
自分の判断を信じ続ける事。「忍耐」はCEOの重要な仕事
・ヘンリー・ポールソン GSの業績を22%上げ、21%報酬が上がった。
・貞観政要 草創と守成いずれか難き
【2009/05/24 19:00】 カテゴリー:読了メモ | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。