モリヨシキブログ2 
Yoshiki Mori WebLog 2nd

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 カテゴリー:スポンサー広告 |  
あとで読む

人を用(もち)うるの道は、、、

「人を用(もち)うるの道は、その長所をとりて短所はかまわぬことなり。
 長所に短所はつきてならぬものゆえ、短所は知るに及ばず。
 ただよく長所を用うれば、天下に棄物(きぶつ)なし。」

                          荻生徂徠(儒学者)
スポンサーサイト
【2008/04/30 19:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

色々失敗したうえで、、、

「色々失敗したうえで、売れるものが出てくるんですよね。しかもたまに」

                        浦上浩(リョービ社長)
【2008/04/29 19:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

人は敗れたゲームから教訓を学びとるものである。

「人は敗れたゲームから教訓を学びとるものである。私は勝ったゲームから
 まだなにも教えられたことがない。」

                   ボビー・ジョーンズ(ゴルファー)
【2008/04/28 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

会社を大きくするか、小さくするかは、

「会社を大きくするか、小さくするかは、経営者が決めることでも会社が決
 めることでもない。社会が決めてくれるのである。」

                     松下幸之助(松下電器創業者)
【2008/04/27 19:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

徳を説くには

以前にも「教えるためには、教えてはいかん」というエントリーを書いたのだが、

似たような話が、shi3zの日記さんの今、"努力して手に入れたいもの"ってなんなのだろう

あがっていたのでUp。




坊さんの言葉を借りると、

 「結局、徳が足りないんですよ」

ということになる。

「徳」というのは便利なバズワードだ。

Ultimaにも出てくる。徳を修めるとアバタールになれるのだ。

では徳というのはどうやって身につけるのか、または教育の現場でどうやって徳を説いていくのか、と聞くと

 「宗派により違いますが、私たちの場合は、徳を口で伝えては駄目ということになっています。たとえば布教の類いは一切しない。ただ黙って禅を組むだけ。

  そして普段の立ち居振る舞い。飯の食い方、しゃべり方、物腰、考え方、捉え方、勉学への励み方、そういう人間が全て心を入れて行う所作をただ黙々と

  続けるのです。するとそれを見た人が自然に徳を理解し、徳のある考え方や行動とはどのようなものか学び取り、共鳴していくと教えられています」

と答えられた。

これは非常に難しい。しかし合理的な考え方のようにも思う。

結局、徳を説くには自らが徳を積むしかないのだという、なんというか、禅問答のような話になってしまった。

"努力して手に入れたいもの"ってなんなのだろう から引用




非常に考えさせられるエントリーで長文のため

いろんな部分を引用したいのだが、長いので割愛。

でも結局はここにつきるかな、と。

徳を説くには自らが徳を積むしかないのだという


精進します。。。

オチナシスマソヽ(;´Д`)ノ
【2008/04/26 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

サイトは、作るものではなく、育てるもの

お世話になっている神泉のベンチャー立ち上げ屋日記 さん

サイトは、作るものではなく、育てるもの」というエントリーが

あがっていて共感度が高かったのでUp。




さて、最近お客様とお話をしていて気づいたことが1つあります。
それは「サイトを育てる」とアプローチは、比較的珍しいんだなあ
という点です。

当社では、サイトを店舗と呼んでいます。
ウェブマスターではなく、店長と呼んでいます。
サイトは、作るものではなく、育てるものだと思っています。

サイトを育てながら、コンテンツを最適化してくと
 1.コンバージョン率(購入数/来訪者数)が徐々にあがっていきます
 2.SEOの順位も徐々にあがっていきます
⇒当然、売上があがっていきます。

こういう、ごくごく当たり前のアプローチがきわめて効果的です。

神泉のベンチャー立ち上げ屋日記:【2008年春】 サイトは、作るものではなく、育てるもの - livedoor Blog(ブログ) から引用


というかそれ意外ないっしょ(笑)

王道は王道だから王道なのですよ(笑)

正しいことをちゃんとやりきる。それ以外になにかあるのかと。(笑)



(おそらく、ここで書いてある内容事態があまりにも当たり前すぎて
これを読んでいる人は何にも面白くないんだろうなあということに
今、気づきました。笑・・・でも、大事なことなんです。)
神泉のベンチャー立ち上げ屋日記:【2008年春】 サイトは、作るものではなく、育てるもの - livedoor Blog(ブログ) から引用


ええ、本当に当たり前なんですが、本当に大事ですよね(笑)
【2008/04/25 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

身も蓋もない仕事の法則

分裂勘違い君劇場さんが身も蓋もない仕事の法則というエントリーをあげていて何点か共感したのでUp。

というか、共感したところだけ抜粋。



  • 客観的なビジネスプランはたいてい役に立たない。自分の熱い主観を企画書にぶち込め。

  • みんなの良い意見を集めても魅力的な企画にはならない。優れた企画は、たいてい誰かの個人作品である。

  • ほとんどの人は「会社がお金を儲けること」へのこだわりが薄い。だから、「会社がお金を儲けること」にこだわって仕事すると、上司からも会社からも高く評価される。

  • 「ほとんどの人が疑わない常識」を疑うと、大量のビジネスアイデアがあふれてくる。

  • 「好きなことをやる」ことではなく、「やりたくないことをやらない」ことを優先しろ。


 身も蓋もない仕事の法則 - 分裂勘違い君劇場 から引用



「情熱を、主観をぶち込め」

なんか結局そういうことなんですよね(笑)

【2008/04/24 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

不運と理不尽に襲われても未来を自分で拓く

分裂勘違い君劇場不運と理不尽に襲われたとき、うまく切り抜ける人と、逃げ切れずに酷い目に会う人の違いというエントリーがあがっていた。

共感度たかかったのでUp

話としてはようはマッチョとウィンプの話。

エントリーからいろんなところを抜粋しようかとも思ったのですが

面倒なので簡単に片付けてしまうと、要は

「しかし、自分が道徳的に悪くなかったことを証明したところで、なんら問題は解決されず、会社はどんどんヤバくなる。

だから、高い職位にいる人間は、それらの不運と理不尽を、全て自分で飲み込まなければならない。」

「マッチョは社会正義などをアテにして動いたりはしない。」

「一方、マッチョはほとんど無意識のうちに不運と理不尽のリスクを警戒する。

なぜなら、不運と理不尽のリスクマネージメントも含めて、自分の責任だと考えるからだ。」
【2008/04/23 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

三十路妻子持ち起業家にエール

RSSリーダーで一覧表示されているタイトルだけ見て

脊髄反射でEnter

「そらそうだ!

 三十路妻子もちで起業するなんて「日本の常識」からしたら

 エールを送らなきゃいかん!」

と思ってエントリーを読んでいたら

「やられた!」と思った。



上原さんが創業期にやっていてよかったことを思い返してみたときに

「あぁ、これだな」と思ったのは、


 「ヨメさんに『ありがとう』『きれいだよ』『あいしてる』を毎日伝え続ける」

 三十路妻子持ち起業家にエール | 近江商人JINBLOG から引用




す、すてきすぎる・゜・(ノД`)・゜・




曰く、



 でもこれを伝え続けていると、物心両面いい効き目がある。仕事の面でもいいバロメーターになる。

「ありがとう」という感謝の言葉を言えるには、自分よりも相手のことに目が向いてないといけない。一番大切な人にありがとうを素直にいえないくらいに周りが見えていないときは、お客様や仕事相手にも当然いいありがとうを言えていない。いいありがとうが言えない仕事の仕方では、その仕事は決して長続きしない。

「きれいだよ」というのは”ほめ”の言葉だ。”ほめ”というのは、正直ちょっと言いすぎかな、くらいがちょうどいい。ほめられてうれしくない人はいないし、人をほめていると自分も気持ちが上がってくる。でも、そんないい”ほめ”は心の余裕のないときには出てこない。いつも心の余裕を保っていられるように、自分を律していなくてはならない。

「あいしてるよ」というのは大切なものを大切だと伝えるための言葉だ。これを恥ずかしがらずに口にできるうちは、自分がまだ正直な心を保っているのを確認できる。これが言えるうちは、言葉であれ態度であれ、大事な社員や仲間に「おれはあなたが大事だ」というのを伝えることができる。正直な心で人と向き合うことができる。

もっともらしく並べてみたけど、まあ一番の効果は家庭円満でいけるってことです、はい。

 三十路妻子持ち起業家にエール | 近江商人JINBLOG から引用



とのこと。


言葉もないです。。。(≧Д≦)ゞ
【2008/04/22 19:00】 カテゴリー:日々雑感 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

港の中では港のルール

『港の中では港のルールがある』

↑あるブログについていたコメントが秀逸だったのでうp。

そらそうだよね。

みんなが勝手に船動かしたら大変だもん(o^-')b
【2008/04/21 19:00】 カテゴリー:言葉 | トラックバック(0) | コメント(0) |  
あとで読む

プロフィール

lukemori

有限会社アルケミー 代表取締役 森良樹のブログです。
モバイル・インターネット / 起業・経営 / 英語・異文化 / ETIC / GTD などについて書いています。
This is Yoshiki's WebLog..
It is only in Japanese so I'm sorry about that for my foreign friends, especialy if I mess up your Facebook page.
Please send me an email if U wanna contact me.

QR

RSSフィード

ブログ内検索

最近の記事

カテゴリー

カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

フリーエリア


Follow luke_mori on Twitter

あわせて読みたい





Powered by 英語名言集



presented by 地球の名言

今日のヒトコト







フィードメーター - モリヨシキのモバイルビジネスブログ2

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。